アニメ『東京リベンジャーズ』原作者の和久井健さんと原作コミック「東京卍リベンジャーズ」を振り返る!

2021年にアニメ放映が始まり、さらに映画化も予定され、注目度の高まっている「東京リベンジャーズ」。

その原作は、漫画『東京卍リベンジャーズ』で、『新宿スワン』の原作者で人気の漫画家・和久井健さんの作品です。

本作は、ヤンキー漫画という昔馴染みの設定でありながら、主人公がタイムリープして未来を変えようとする、という近代的な設定も含む新感覚の漫画です。

アニメ化、映画化で大変注目されてる、原作のコミック「東京卍リベンジャーズ」。今回は原作者の和久井先生と、原作コミックにスポットライトを当てます!

INDEX
  1. 原作者・和久井健は、『新宿スワン』も手掛けた人気作家
  2. 和久井作品に欠かせない魅力あふれるキャラクター陣
  3. 【あらすじ】『東京リベンジャーズ』の面白さを読み解く!【注・ネタバレあり】
  4. 『東京リベンジャーズ』主要キャラクター紹介
  5. 新感覚ヤンキー漫画『東京リベンジャーズ』を要チェック!

原作者・和久井健は、『新宿スワン』も手掛けた人気作家

『新宿スワン』『東京卍リベンジャーズ』の大ヒットで、いまや人気漫画家の仲間入りを果たしたといっても過言ではない、和久井健さん。

デビューのきっかけは2004年、『新宿ホスト』で第293回ヤングマガジン新人漫画賞佳作を受賞したことです。
同作品は、2005年『別冊ヤングマガジン』に掲載され、本格的に漫画家の道へ。
そして同じ年に『新宿スワン』で連載デビューします。

『新宿スワン』は2007年にドラマ化され、2015年には、俳優の綾野剛さん主演で映画化されました。
その後の和久井さんの漫画作品は、『Abaddon』、『セキセイインコ』、『デザートイーグル』と続きます。
そして2017年から連載開始された、『東京卍リベンジャーズ』が大ヒットします。

和久井作品に欠かせない魅力あふれるキャラクター陣

和久井健さんの作品は、魅力的なキャラクターが多く登場します。
例えば『新宿スワン』の主人公、白鳥龍彦。
彼は新宿で水商売のスカウトマンをしている人物で、ケンカが強く曲がったことは大嫌い、というようなまっすぐさが魅力。

『東京リベンジャーズ』の主人公である花垣武道は、ヤンキーグループに属していますが、ケンカが弱く、パシリに使われています。
ですが、弱い自分を変えようとする強さも持ち合わせています。

和久井さんは、どのようにキャラクター設定を考えているのでしょうか。
インタビューで以下のように発言しています。

“まず、そのキャラクターが作品の中で、どんな役割を持つのかを考えます
話の展開を先に決め、例えばその中で、「物語の鍵を握る、不良グループのトップでめちゃくちゃ強い奴を登場させよう。じゃあ、そいつはどんなキャラにすればいいだろう?」という感じです。
https://pocket.shonenmagazine.com/article/entry/prohana_20190921 ”

これを見ると和久井さんの作品は、まずストーリーありき
そこに合わせてキャラクターの個性を考えているようです。
だからこそ、ストーリーにピッタリはまる魅力的なキャラクターを生み出せるんですね。

【あらすじ】『東京リベンジャーズ』の面白さを読み解く!【注・ネタバレあり】

本作を読み解くキーワードは、「タイムリープ、想いの強さ、ヤンキー漫画」です。
それぞれ見ていきましょう。

・主人公タケミチのタイムリープ
うだつのあがらないフリーター生活をしているタケミチこと主人公の花垣武道。ある日彼は、中学時代に交際していた橘日向が殺されたことを知ります。そしてその陰には暴走族、東京卍會の姿が。

そして自身は、何者かに電車のホームに突き飛ばされます。それがきっかけとなり、タイムリープに目覚めたタケミチ。

なぜ日向は殺されたのか?
自分は誰に、何の目的があって電車のホームに突き落とされたのか?

謎が謎を呼ぶが、彼は一つ決心をする。それは、日向の命を救うこと。
日向が死なない未来のため、タケミチは立ち上がります。

・想いの強さ
主人公のタケミチは、不良グループに属してはいるがケンカが弱くパッとしないキャラクター。
ただタイムリープし続けるなか彼は、「逃げてばかりではダメだ」と悟ります。日向を救いたい一心で運命に立ち向かうその姿に、東京卍会の総長も認めるくらい成長していきます。
主人公の成長とともに、一つ一つ謎が明らかになっていくストーリーです。

・ヤンキー漫画
ヤンキー漫画といえば、たいてい主人公が強キャラで不良グループのリーダーという設定が多いです。
でも『東京リベンジャーズ』は違います。
主人公タケミチは、不良のパシリでいまいち頼りない。でもそんな彼が運命に抗い戦う姿に、あなたも心を打つはず。

タイムリープ」×「想いの強さ」×「ヤンキー漫画」という一風変わった設定で描く、和久井ワールドが展開されていきます。

『東京リベンジャーズ』主要キャラクター紹介

・花垣武道(はながきたけみち)
ここまで何度も登場した本作の主人公。タイムリープに目覚め、橘日向の死の謎を追います。

・橘日向(たちばなひなた)
ヒロインとしてのかわいさ、芯の強さを兼ね備える凛としたキャラクター。タケミチの中学時代の彼女です。

彼女は、タケミチを守るためヤンキーに立ち向かいビンタしたり、タケミチとの付き合いに反対する父親に反発し自分の意志をつき通したり。タケミチ同様に強さがあります。
そんな日向は2017年、東京卍会の抗争により死亡してしまいます。ここが物語の中心となっていきます。

・橘直人(たちばななおと)
日向の弟で、日向とともに東京卍会の抗争により死亡。
タケミチのタイムリープで未来が変わった関係で警官として勤務することになります。
タイムリープの重要な役回りです。

・佐野万次郎(マイキー)
「無敵のマイキー」と恐れられる、東京卍会の総長。イケメンでケンカ最強、ヤンキーたちのカリスマ的存在です。モテ要素がこれでもか、と詰まっているキャラクターですが、彼女はいない模様。

ケンカの強さは有名で、小学生のころ高校生グループに勝った逸話があり、一撃で相手をのしてしまうことも。
その強さとは裏腹に意外にも精神的に脆いところがあり、作中ではタケミチやドラケンに支えられるシーンもあります。

・龍宮寺堅(ドラケン)
側頭部に竜のイレズミ、金色の長髪、さらに185センチの長身という、いかにも強面で強そうな出で立ちのドラケンこと龍宮寺堅。
マイキー同様ケンカの強さはずば抜けていて、1人で100人相手にケンカする強キャラです。
東京卍会の副総長で、マイキーの頼りになる相棒。

・稀咲鉄太(きさきてった)
本作のストーリーを紐解くうえで欠かせないキープレイヤーの一人。ケンカが強いというより、知略と残虐性で有名なヤンキーです。

タイムリープに関っているような描写があり、小学生時代に日向と同じ塾に通っていたこと、その頃にタケミチとも顔をあわせていたことがわかり、徐々に正体が明らかになっていく不気味なキャラクターでもあります。

新感覚ヤンキー漫画『東京リベンジャーズ』を要チェック!

ここまで『東京リベンジャーズ』の魅力を語ってきました。
『東京リベンジャーズ』を読みうえで作品の面白さもさることながら、作者の和久井健さんも知っていくと、よりストーリーが味わい深く感じませんか?

和久井さんは連載2作目である『セキセイインコ』について、このように語っています。

“「分かりやすいものを描きたいなと考えています。それと、『新宿スワン』のような “ワルイもの”を描きたいという欲求もあって…(笑)。
https://tsutaya.tsite.jp/news/anime/23146262/ ”

もしかするとこのあたりの考えが、『東京リベンジャーズ』につながっているのかもしれません。
『東京リベンジャーズ』も、ヤンキー・タイムリープというわかりやすい設定で、読者である私たちを引き込みます。

アニメの放送が始まり、原作の漫画・コミックも改めて注目を浴び、販売冊数も増えています!

カルコレ編集部オススメ!「東京リベンジャーズ」のアイテム

 





culcolleでは、2021年4月10日より放送開始予定のTVアニメ『東京リベンジャーズ』コラボアイテムの発売が決定!

ITEMはこちらに掲載予定!

culcolleとは?

あなたの「好き」がもっとつながる
アニメ・キャラクターグッズブランド。
好きなアニメや漫画作品がもっと好きになれるよう、
日常づかいができるファッションアイテムを提供します。