ゴルフの練習に役立つかも? ゴルフ関連のおすすめ漫画・アニメ一覧

ゴルフをプレイする人もしない人も、ゴルフ漫画やアニメを見たことがあるのではないでしょうか?ゴルフがどのようなものなのか、漫画やアニメで覚えたという方も少なくないのではないかと思います。

そんな漫画やアニメを見ていると、どんどんゴルフに興味が湧いてきます。ゴルフをプレイする方が見ても、上達のヒントが隠れているかもしれません。

ここでは、作品を通してゴルフが上達しそうな漫画・アニメを紹介していきます。

 

風の大地|遅咲きのプロゴルファーが頂点を目指す

作品概要

『風の大地』は、1990年から『ビッグコミックオリジナル』にて連載をスタートしました。原作は熊本県出身の元プロゴルファーで「坂田ジュニアゴルフ塾」を主宰する坂田 信弘。作画は、かざま 鋭二です。

1993年には、第39回小学館漫画賞青年一般部門を受賞し、連載開始から32年経った現在でも、同誌にて連載中ですが、202214号から作画担当・かざまの病気療養のため休載されています。

作中には、ジャンボ尾崎(尾崎 将司)やグレッグ・ノーマンなど、実在した往年のプロゴルファーが多数登場します。

あらすじ

本作の主人公・沖田 圭介24歳のときにプロゴルファーを目指し、栃木県の鹿沼カントリークラブに研修生として所属。物語では、この男のゴルフ人生が語られていきます。

プロゴルファーを目指すものにとって、24歳という年齢は遅いと言われています。しかし沖田は研修生としてキャディーなどの仕事などをしながら、ひたむきに練習を繰り返し、プロを目指すのです。

沖田はカントリークラブの食堂で、研修生の食事を作ってくれている宇賀神セカンド・チーフがプロゴルファーを目指していたことを知ります。また、このあと宇賀神から気にかけてもらうことになるのです。

持ち前の努力と秘めた才能・多くの理解者に恵まれ、わずか1年でプロテストに合格。プロゴルファーとしての彼の人生が始まります。

 

 

DAN DOH!!(ダンドー!!)|野球少年が偶然と奇跡が重なりゴルフ少年に

作品概要 

『DAN DOH!!』は、1995年に『週刊少年サンデー』にて連載がスタートしました。原作は上記『風の大地』と同じく元プロゴルファーの坂田 信弘。作画は万乗 大智(ばんじょう だいち)です。

2000年からは同誌で『DAN DOH!!』の続編となる『DAN DOH!! Xi』(ダンドー!!ザイ)が連載スタートし、更にその続編となる『DAN DOU!! ネクストジェネレーション』が2004年から連載されました。

2004年にはTVアニメ化もされた人気作品です。

あらすじ

本作の主人公・青葉 弾道(あおば ただみち)は、友達からは「ダンドー」と呼ばれる熊本県の小学校に通う野球少年でした。

ダンドーは、親友の砂田 優香(すなだ ゆか)と大池 弘平(おおいけ こうへい)たちと野球の練習をしているなか、校長先生の大事にしている盆栽を壊してしまいます。

校長に謝罪に行くダンドー。そこで、ひょんなことからゴルフ好きでもある校長から「ゴルフはお金になる」ことを聞き、プロゴルファーになると言い出します。

ある日、ダンドーが校長室を覗くとアリゾナフェニックスオープン最終日の映像を校長先生が見ていました。トップを走る日本人プロゴルファーの新庄 樹靖(しんじょう みきやす)と、1打差で2位のグレッグ・ノーマンとの最終ホール。

優勝した新庄プロは、実はこの学校の卒業生で校長先生の教え子であったこと、このあと交通事故に遭い姿を消してしまったことを耳にします。

その後、たまたま忍び込んだ豪邸で、運命的に新庄プロとダンドーは出会います。新庄プロにゴルフを教えて欲しいと頼み込むダンドー。ここからダンドーのゴルフ人生が始まります。

 

 

オーイ!とんぼ|ゴルフ専門誌で連載スタート。元プロゴルファーとゴルフの才能溢れる少女の物語

概要 

『オーイ!とんぼ』は、2014年からゴルフ専門誌である『週刊ゴルフダイジェスト』で連載をスタートした、原作・かわさき 健、作画・古沢 優(ふるさわ ゆう)による漫画です。

原作者のかわさき 健は、プロゴルファーを目指し研修生として活動していた経験もあります。プロゴルファーにはなれなかったものの、その知識はゴルフ漫画の原作として活かされています。

2016年には『週刊ゴルフダイジェスト』主催のゴルフダイジェストアワード2016で読者大賞を受賞しました。

あらすじ

物語は、屋久島と奄美大島の中間にあるトカラ列島に向かうフェリーの中から始まります。この船に乗船している男は元プロゴルファーの五十嵐 一賀(いがらし いちが)。ある理由から日本プロゴルフ協会を追放され、島の開発センターの職員になるためにこの島にやって来ました。

五十嵐は、この島でひとりの少女と出会います。彼女の名前は「大井 とんぼ」、この物語の主人公です。とんぼは、両親を小学校2年生の時に交通事故で亡くしていて、この島に住む祖父・大井 権三(おおい ごんぞう)と暮らしています。

この島には、島民が自分たちが楽しむために造ったゴルフコースが3コースだけあり、五十嵐はとんぼとこのコースをまわります。彼女が使うクラブは3番アイアンの1本だけ。そこで、プロゴルファー五十嵐は、とんぼの非凡な才能にひきつけられます。

この出会いから、ふたりの新しいゴルフ人生が始まるのです。

 

 

プロゴルファー猿|少年漫画初!藤子不二雄Aのゴルフ漫画

作品概要 

『プロゴルファー猿』は、1974年から『週刊少年サンデー』で連載された少年漫画初のゴルフ漫画です。作者は藤子不二雄Aこと安孫子 素雄(あびこ もとお)です。

1982年には、内容をより低年齢向けとした『新プロゴルファー猿』が『コロコロコミック』に連載されます。同年に単発でTVアニメ化もされました。その後の1985年にはシリーズ化されたアニメが全143話が放送されます。それに続き『新プロゴルファー猿』も全10話が放送されました。

1999年には『ビッグコミック』で新作『サル』が、不定期で連載されますが、こちらは『新プロゴルファー猿』とはパラレルな世界観で描かれています。

あらすじ

主人公は猿谷 猿丸(さるたに さるまる)、猿谷家の長男で母と姉、3人の弟と暮らしている。自称プロゴルファーを名乗り、賭けゴルフをする中学生。自慢の手作りの木製クラブ1本で、ゴルフの勝負を繰り広げます。「わいはプロや」「プロゴルファー猿や」が口癖。

彼のゴルファーとしての腕前は相当なもので、「旗包み」や「岩返し」といった必殺ショットをいくつもあみ出していきます。猿丸の才能に目を付けた、影のプロゴルファー組織のボス「ミスターX」は彼を組織に入れようと、組織のゴルファーを刺客として、送り込んできます。

日々、ゴルフでの勝負を繰り広げる猿丸、彼の今後はどうなっていくのでしょうか?

 

 

あした天気になあれ|当時「チャー・シュー・メン」の掛け声が話題に

概要 

『あした天気になあれ』は、1981年から『週刊少年マガジン』で連載されたゴルフ漫画です。作者は『あしたのジョー』や『おれは鉄兵』などでも有名な、ちば てつや1984年からはTVアニメ化もされ、全47話が放送されました。

本作は、上記で紹介した『プロゴルファー猿』とともに、少年誌におけるゴルフ漫画の草分け的存在となりました。「チャ―・シュー・メン」の掛け声のショットは当時、話題になりました。

また、2018年よりゴルフ雑誌『ALBA』にて、本作の26年後を描く『新 あした天気になあれ』が連載スタートしました。こちらは、ちばではなく、原作を信田 朋嗣(のぶた ともじ)、作画をちばのアシスタントを務めていたこともある政岡 としや(まさおか)で作成されました。

あらすじ

主人公の向 太陽(むかい たいよう)は、まだ中学生。父親を早くに交通事故で亡くしたため、母・トミ子の経営する食堂「あづまや」の手伝いをしながら、弟2人と妹1人の面倒もみます。

太陽はゴルフと出会い、そのゴルフでプロになるとお金が稼げることを知り、プロゴルファーを目指すと言い出しました。練習をするために夕方からゴルフの練習場のバイトも始めます。

ゴルフの厳しさを知り、あきらめようとする太陽。しかし母が応援してくれていることを知り練習に励む太陽の元に、元プロゴルファーの竜谷(りゅうこく)が、母に頼まれたと言い登場しました。

プロゴルファーへの一歩を歩み出した太陽。彼のゴルフ人生が始まります。

 

 

KING GOLF|無敵の不良高校生がゴルフの「王様」を目指すストーリー

作品概要 

『KING GOLF』は、2008年から『週刊少年サンデー』で連載されたゴルフ漫画で、作者は佐々木 健です。ゴルフレッスンプロの谷 将貴(たに まさき)により技術指導、監修

2012年からは、月刊誌の『週刊少年サンデー超』に移籍して連載を再開します。『週刊少年サンデー超』は、誌名がリニューアルされ『週刊少年サンデーS』に。

2010年の第56回小学館漫画賞少年向け部門を受賞しました。

あらすじ

この物語の主人公は帝倫高校1年の優木 蒼甫(ゆうき そうすけ)。彼は「プレデター」と呼ばれる最凶最悪のケンカ屋です。

そんな彼が同じ学校に通う日本最高の天才アマチュアゴルファー、霞見 ひかる(かすみ ひかる)に興味を持ち、ゴルフ部に顔をだします。

そこで、ゴルフ部のコーチ・谷口ともめることに。ひょんなことからゴルフクラブでボールを打つことになり、ボールを打った「気持ちいい」感触に感動を覚えました。

そして、谷口から「ゴルフじゃあ・・・わがままな奴は強い」「世界で一番稼げるスポーツはゴルフであり、スポーツ界の王様だ」と聞かされます。それを聞いた優木はゴルフで「王様」になるため、ゴルフ部に入部します。ここから、谷口コーチのもと、ゴルフに真剣に打ち込み始めました。

最凶最悪の不良のゴルフストーリーが始まります。

 


 

青空しょって|父と子、親子2代のゴルフへの想いが夢の実現へ

概要

『青空しょって』は、1987年より『週刊少年サンデー』で連載されたゴルフ漫画です。作者は、森 秀樹(もり ひでき)です。連載初期の描写は「あだち充」風のタッチでしたが、連載が進むにつれて劇画タッチに代わっていきます。

作中ではマスターズや全英オープンなどの実在する大会や、ジャック・ニクラスなどの実在のプロゴルファーも多数登場しています。

あらすじ

主人公・飛田 一八(とびた かずや)は、中学2年生。プロゴルファーの父親・銀八(ぎんぱち)のキャディをしながら全国を放浪しています。

銀八はプロといっても全くの無名で、全国をテントを担いでの貧乏暮らし。そんな中、ひさしぶりに参加した前原オープンで予選をトップ通過。首位をキープしながらの最終18番ホール、銀八が打ったボールはバンカーへ。そして、銀八は試合を投げ出してそのまま失踪。

この出来事から3年、一八は絶海の孤島にある「音無島ゴルファー養成所」でゴルフ漬けの生活を送っていました。ここから一八のゴルファーとしての人生が始まります。

 

 

ライジングインパクト|『七つの大罪』の作者・鈴木央がゴルフを描く

作品概要 

『ライジングインパクト』は、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載をスタートしました。作者は、鈴木 央(すずき なかば)、代表作にあの大人気マンガ『七つの大罪』があります。

19993月発売の16号にて打ち切りで連載終了してしまいます。しかし終了後の反響が大きかったことから、同年の6月発売の27号からそのまま続きという形で再連載されました。

最初の連載から4年間続くも、2002年に最終的に再度の打ち切りとなってしまいます。中途半端なカタチで終了してしまったため、『赤マルジャンプ』2002年春号に読切りで完結編が掲載されました。

あらすじ

主人公の名は、ガウェイン・七海(ななうみ)。彼は田舎育ちの小学4年生で、福島の方言まる出しで話す外国人のハーフです。

ある日、偶然訪れた女子プロゴルファー・西野 霧亜(にしの きりあ)と出会います。ガウェインは「世界一」になるために日頃からトレーニングをしているといい、「野球のホームランにかなうもんはないべ!」と、野球で世界一の飛ばし屋を目指していました。

しかし、ガウェインは霧亜にゴルフというものを教えてもらい、打った気持ちよさを知り「オレ・・・ゴルフやっちい!」といいゴルフで世界一の飛ばし屋を目指すことにします。

ここから、ガウェインのゴルフが始まります。

 

 

まとめ

「ゴルフの練習に役立つかも?おすすめ漫画・アニメ一覧」ということで紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

漫画やアニメを見ていると、おもしろい物語の世界にどんどん引き込まれてしまいます。「ゴルフを始めたきっかけが漫画やアニメ」という方も意外に多いのかもしれません。漫画だから・アニメだから……という部分も多分にありますが、読んでみると実際の練習のヒントになることもあると思います。

今回紹介させていただいた作品を見て、「ゴルフに興味をもった」「ゴルフの練習のヒントになった」「ゴルフが上達した」という方がいたら幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

ライター:カルコレ編集部 呉東和虎