『推しの子』MEMちょの実年齢は25歳! プロフィールやB小町の加入経緯、名言を解説

芸能界の華やかな部分とシビアな部分の双方を描いた話題作『推しの子』

本編第3章「恋愛リアリティショー編」から登場し、今ではメインキャラクターの1人となっている人物といえば、MEMちょ(めむちょ)ですよね。明るくてかわいいけれど、どこか掴みどころがないMEMちょが気になる!という方も多いのではないでしょうか?

今回は、MEMちょのプロフィールや新生B小町への加入経緯を詳しく解説し、彼女の魅力を深掘りします。

『推しの子』MEMちょ(めむちょ)のプロフィール

本名 不明

芸名 MEM(めむ)

年齢 公称年齢18歳・実年齢25歳

職業 インフルエンサー・アイドル(B小町メンバー)

 

以上が、MEMちょの基本情報です。

彼女の本当の芸名は「MEM」といいますが、配信活動を続けていくうちにいつの間にか「MEMちょ」という愛称がつき、今ではテレビ番組でも「MEMちょ」と表記されています。

ここからは、さらに詳しく彼女のプロフィールをチェックしていきましょう。

 

もともとは人気YouTuber

「バズりのプロ」を自称するMEMちょは、約2年前からYouTubeやTikTokを利用したネット活動を開始しました。

金髪ショートカットに悪魔の角モチーフのカチューシャがトレードマーク。

人の印象に残りやすいファッションをしているうえ、親しみやすいおバカキャラが視聴者の心を掴み、瞬く間にネット界の人気者になります。今では、YouTubeチャンネル登録者数37万人、TikTokフォロワー数638kという圧倒的人気を誇る有名インフルエンサーになりました。

なお、ゆるふわな雰囲気をしているものの、実は誰よりも周囲の空気を読むのがうまく、さらには卓越したセルフプロデュース能力を持っています。

 

公称年齢は18歳

MEMちょの公式設定は「18歳の現役女子高生」です。しかしその実態は、25歳の成人女性…!

7歳も年齢を偽るというかなり大胆なサバ読みですが、MEMちょは童顔で骨格も華奢なタイプなので、多くの人は疑うことなく公式設定を信じています。

彼女が年齢をサバ読みしてしまった理由は、完全にノリと勢い

YoutubeやTikTokで活動を始めた当初、MEMちょは自分がこれほどまでの人気者になると思っていなかったため、深く考えず「現役JK(笑)」というノリで活動を始めたのです。しかしその後、幸か不幸か急激に人気が出て引っ込みがつかない事態となり、現在もサバを読み続けています。

なお、MEMちょは高校3年生のときに休学して以来、学校に籍を置き続けているため、かなりグレーではあるものの「現役JK」という表現は嘘ではありません。

 

今ガチに出演

人気YouTuberとして、世間から注目される存在となったMEMちょ。そんな彼女のもとには次第にテレビ出演のオファーもくるようになり、MEMちょは活躍の場を広げていきます。

そうして出演したのが、アクアや黒川あかね(くろかわ あかね)も出演していた恋愛リアリティショー「今からガチ恋♡始めます(通称・今ガチ)」でした。

MEMちょは、番組に爪痕を残すことや共演者と恋愛することに興味はありませんでしたが、自身のYouTubeチャンネルに視聴者を引き入れることを目的に番組出演を承諾したのです。マーケティング能力の高い、MEMちょらしい判断ですよね!

今ガチに出演したMEMちょは、おバカな癒しキャラとしてうまく立ち回り、共演者および視聴者から高い支持を得ました。

 

 

 

MEMちょのB小町加入経緯

YouTuberとして個人活動をしていたMEMちょですが、今では新生B小町のメンバーとしても活躍しています。

MEMちょは、どのようにして新生B小町に入ったのでしょうか?ここではMEMちょの過去を掘り下げながら加入経緯を解説します。

 

アイドルになりたかったMEMちょ

MEMちょはもともと、星野アイ(ほしの あい)を推すアイドルファンで、幼いころから「自分もアイドルになりたい」という夢を持っていました。

しかしMEMちょの家は母子家庭なうえ弟が2人もいるため、金銭的理由から「アイドルを目指すのは現実的ではない」と考えるようになります。

高校卒業後は就職しようとしていたMEMちょですが、そんな彼女の夢を応援してくれたのが母親でした。娘が「アイドルになりたい」と思っていることに気づいており、夢を追いかけるよう彼女の背中を押してくれたのです。

心強い応援を受けたMEMちょは、それを支えにアイドルオーディションに応募するようになります。

 

家庭の事情で夢を断念することに…

しかしMEMちょが高校3年生のとき、女手一つで育ててくれた母親が倒れ入院しました。

「母の代わりに自分が稼いで一家を支えよう」
と決心したMEMちょは、アイドルオーディションを辞退し、高校も休学して働きに出ることに。
バイトを掛け持ちしたりガールズバーで働いたりとMEMちょは必死にお金を稼ぎ、弟たちは大学へ進学、母も元気になりました。

しかし、全てに一段落がついたとき、MEMちょは23歳になっていたのです。多くのアイドルオーディションには満20歳までという年齢制限があり、23歳のMEMちょが受けられるオーディションはもうありませんでした。

がむしゃらに働く必要もアイドルを目指して努力する必要もなくなり、情熱をどこにぶつけていいのかわからなくなったMEMちょは、YoutubeやTikTokで配信活動を始めるようになります。

すると配信者としての才能が開花し、あっという間に人気インフルエンサーとなりました。

 

アクアの誘いでB小町に加入

それから2年後、今ガチ出演を通してアクアと出会ったMEMちょ。

MEMちょは打ち上げでアクアと2人きりになった際、アイドルになりたかったかつての夢を打ち明けました。その話を聞いたアクアは、妹のルビーが所属するアイドルグループ・新生B小町に加入しないかと持ちかけます。

MEMちょは、エース級のルックスとどんな状況でもうまく立ち回る地頭の良さを併せ持ち、年齢を理由に断念するのはもったいないほどアイドルとしての素質があったのです。

25歳という自身の年齢が気になりすぐには誘いに乗れなかったMEMちょですが、ルビーと有馬かなに温かく迎え入れられ、新生B小町メンバーとして新たな一歩を踏み出します。

 

 

 

MEMちょの魅力

『推しの子』のお姉さんキャラとして、読者からも愛されているMEMちょ。ここからは、そんなMEMちょの魅力を詳しく紹介します。

 

面倒見がいい

ふわふわとしたキャラクターを演じつつ実は頭がいいMEMちょは、よく他人の世話を焼いています。

おバカキャラを演じられるため相手に緊張感を与えることなく、さりげない優しさで一緒にいる人を癒せるのがMEMちょの最大の魅力。誰にでも分け隔てなく接することができるため、今ガチでも共演者全員から慕われていました。

ただし、物事を客観視できるしっかり者だからこそ、新生B小町内では「どこか一歩引いてて遠慮を感じる」と指摘されたことも。

今後、物語が進むにつれさらにメンバー間の絆が強くなり、MEMちょが遠慮することなく活動できるようになればいいですね。

 

優しく気遣い上手

自分のことで手いっぱいになるキャラクターが多い中、常に優しい心を保ち気配りできるのは、MEMちょにしかない魅力。そもそも家族のためとはいえ、自分の夢を諦め、全ての時間を犠牲にして働けたのはMEMちょが優しいからに他なりません。

さらに今ガチ編では、番組で大炎上し自殺を考えていた黒川あかねを心配して、台風のなか出て行った彼女を必死に捜索していました。

気遣い上手なのが災いして、アクアに思いを寄せるあかねとかなの間に挟まれ苦しむこともありますが、そこも持ち前のフォロー力で機転をきかせ上手に乗り越えています。

 

実は完全なる脇役として誕生した!?

原作者の赤坂アカ先生によると、MEMちょはもともと「ただの脇役」として生まれたキャラクターでした。しかし、いざキャラクターが完成すると想像以上に良いキャラに仕上がったため、そのまま新生B小町に加入させたそうです。MEMちょというキャラクターが、どれほど魅力的かわかるエピソードですよね!

今のMEMちょは、物語をうまく整理したり冷静にツッコんだりと、すっかり『推しの子』に欠かせないキャラクターとなっています。

彼女の存在感の大きさは絶大で、読者からも「誌面にMEMちょがいるだけで安心できる」と言われるほどです。

 

 

 

MEMちょの名言

つらいことを乗り越えた過去があるからこそ、胸に刺さりやすいMEMちょのセリフ。ここからは、MEMちょが作中に言った名言を紹介します。

 

「私が夢を追える環境が整った時には、私は夢を追える年齢じゃなくなってた」

自分の過去を振り返り、アイドルを諦めたと話すMEMちょのセリフです。

このときMEMちょはとても悲しそうな笑みを浮かべており、その表情に思わず心が苦しくなります。

家族の問題が全て片付いたとき、アイドルとしての適齢期を過ぎていたMEMちょ。大好きな家族のためとはいえ、夢を諦めるしかなくなった彼女のつらさが詰め込まれているセリフです。

 

「もっと私を褒めてぇ!?」

本編69話時点のYouTube登録者数を、ルビーとかなに報告した際のMEMちょのセリフです。

YouTube界の現実を知らないうえ、芸能人としての理想が大きいルビーとかなは、現時点の登録者数にあまり満足できません。しかし、もともとYouTuberとして活動していたMEMちょは、現状が良い方向に進んでいることをわかっており、ポップなセリフで2人にも理解を求めます。

YouTubeというハードルの高い世界で1人戦ってきた、MEMちょのかっこよさが伝わってくるセリフですね。

 

「そっか、ごめんねぇ」

意図的にかなと距離を取りつつも葛藤するアクアに対し、MEMちょがかけた言葉です。

普段はおバカっぽく振る舞いつつも、実はかなり頭がキれるMEMちょ。取り乱しかけたアクアの危険信号を素早く察知したMEMちょは、彼の頭を優しく撫でながら全てを受け入れるような言葉をかけました。

このときのMEMちょは完全に「大人な25歳の女性」であり、とても素敵でしたね!

アクアから「これは思わせぶりな行為じゃないのか?」とツッコまれてもサラリとかわしており、大人の余裕がありました。

 

 

 

まとめ

『推しの子』のまとめ役といっても過言ではない、MEMちょについて紹介しました。

普段は「不思議ちゃん」「ぶりっ子」っぽい言動をすることもあるMEMちょですが、実は誰よりも頼りがいのある皆のお姉さん的存在です。

このまま年齢詐称を続けられるのかが気になるところですが、魅力にあふれた彼女なら、たとえ実年齢がバレても人気をキープできるのではないでしょうか。

 

ライター:カルコレ編集部 ごとうゆき

 

<参考資料>
アニメ『【推しの子】』公式サイト
【推しの子】原作公式サイト

「アクリル仙人」ではオリジナルデザインのアクリルグッズを1個からオーダー可能!

カルコレを運営しています株式会社ひかりてらすの新しいWEBサービス「アクリルの仙人」がオープンしました!

「アクリルの仙人」では、オリジナルデザインのアクリルグッズ(アクリルキーホルダー・アクリルスタンド等)を1個から手軽に低価格で制作可能。高品質な国内製造と経験豊富なスタッフが、オリジナルグッズの作成をサポートいたします!

軽くて丈夫なアクリルグッズは、お店のロゴ入りグッズや、スポーツチームのお揃いのアイテムにもピッタリです!

ご自身で作成したイラストや、思い出のお写真などの画像データから、オリジナルアクリルグッズを作成してみませんか?

▶アクリルの仙人 トップページ

 

 

「推しの子」の過去記事をチェック!

『推しの子』の魅力や登場キャラ、最新話情報を徹底解説!もしも推しの子どもに転生したら…累計300万部突破の注目作品!
『推しの子』星野アイの過去や死亡理由は?プロフィール、名言、魅力を解説
『推しの子』有馬かなのプロフィールを紹介!「重曹ちゃん」の由来とは?

『推しの子』星野ルビーの前世とは? プロフィールやアクアとの関係、名言も!
『推しの子』星野アクアの目から星が消えた理由は? プロフィールやかっこいい魅力、名言まとめ!
『推しの子』黒川あかねに死亡フラグ!? プロフィールやかわいい魅力、名言を紹介

 

 

最新のアニメ・コミック情報・新商品情報をTwitterで配信中!

カルコレ公式Twitterアカウント

カルコレ公式Twitterでは、カルコレ通信の新着情報、カルコレでの新商品入荷情報など毎日情報発信中です⚡

ぜひフォローをお願いいたします!