【輪るピングドラム】愛する者を一途に想う兄・高倉 冠葉の経歴やプロフィール、名言などをご紹介!

高倉家の長男であり、女性にモテながらも高倉 陽毬(たかくら ひまり)を一途に愛する兄・高倉 冠葉(たかくら かんば)。

高倉 冠葉は高倉 陽毬を助けるためならば、どんな手段を使ってでも救おうとする優しき兄なのでした。

今回は高倉 冠葉の経歴やプロフィール、名言などを紹介していきます。

INDEX

  • 高倉 冠葉(たかくら かんば)のプロフィール
  • 高倉 冠葉(たかくら かんば)のこれまで(ネタバレ注意)
  • 高倉 冠葉(たかくら かんば)と関わりのある人物
  • 高倉 冠葉(たかくら かんば)の魅力
  • 高倉 冠葉(たかくら かんば)の名言
  • 高倉 冠葉(たかくら かんば)の声優・木村昴について
  • まとめ
  •  

     

    高倉 冠葉(たかくら かんば)のプロフィール

    本名

    高倉 冠葉(たかくら かんば)

    誕生日

    1995年3月20日

    年齢

    16歳

    高倉 冠葉(たかくら かんば)のこれまで(ネタバレ注意)

    高倉 冠葉は、都立外苑西高等学校2年生で赤い髪・緑色の瞳をしている美青年です。

    女性からも人一倍人気があり、これまで数多くの女性と付き合ってきました。

    しかし、本当に好きな人は同じ家族である妹の高倉 陽毬だったのです。

    高倉 陽毬は難病を患っており、残りの余命はあとわずか。

    思い出の場所である水族館に高倉 陽毬、高倉 晶馬(たかくら しょうま)と一緒にいくことになりますが、そこで高倉 陽毬の容態は悪化。

    搬送先の病院にて亡くなってしまったのです。

    あまりの出来事に現実を受け止めきれていない高倉 冠葉でしたが、「生存戦略ー!」と水族館で買ったペンギンの帽子を被って高倉 陽毬が生き返りました。

    しかし、その人格は高倉 陽毬の体を乗っ取ったプリンセス・オブ・ザ・クリスタル。

    別空間に飛ばされ、プリンセス・オブ・ザ・クリスタルから高倉 陽毬を助けたいのであればピングドラムを手に入れろと指示されます。

    ピングドラムがどういうものかわかりませんでしたが、荻野目 苹果(おぎのめ りんご)がピンクドラムの手がかりを持っていると告げられ、調査することになるのでした。

    別の人格であるプリンセス・オブ・ザ・クリスタルによって一命を取り留めた高倉 陽毬でしたが、高倉 冠葉は時間があまりないことを悟ります。

    荻野目 苹果を早速調べていくと、「運命日記」という日記帳を持っていることが判明します。

    高倉 陽毬を助けたい一心で、高倉 冠葉は運命日記を奪おうとしますが、計画はことごとく失敗。

    挙げ句の果てに、荻野目 苹果が何者かによって日記の半分を奪われてしまったのです。

    さらに、入院している高倉 晶馬が何者かによって誘拐されてしまいます。

    「高倉 晶馬を殺されたくなければ運命日記のあと半分をよこせ」と脅迫され屋上に向かうと、夏芽 真砂子(なつめ まさこ)が現れます。

    夏芽 真砂子も高倉 冠葉同様に、弟の夏芽 マリオ(なつめ マリオ)を救うために運命日記を探していたのでした。

    その後、日記を失ってしまった高倉 冠葉は、プリンセス・オブ・ザ・クリスタルから分け与えた生命エネルギーが尽きてしまうことを告げられます。

    それと同じタイミングで高倉 陽毬は再び息絶えてしまいます。

    今回ばかりはどうすることもできないと思ったその瞬間、渡瀬 眞悧(わたせ さねとし)というピンク色の髪をしている医者が登場します。

    そして、特別な薬によって高倉 陽毬は生き返るのでした。

     

    ただし、薬はとても高額で高校生が出せるような金額ではありません。

    高倉 冠葉は企鵝の会(きがのかい)という組織メンバーとして活動することによってお金をなんとか工面するのでした。

    しかし、高倉 晶馬は度重なる高倉 冠葉の怪しい行動に不信感を抱き、企鵝の会のメンバーであることを知ります。

    高倉 冠葉の行動を止めようとしますが、高倉 冠葉の高倉 陽毬を一途に想う気持ちは変わらず、決裂してしまい高倉家はバラバラになるのでした。

    その後も高倉 冠葉は渡瀬 眞悧から薬を受け取りますが、徐々に企鵝の会の中心メンバーとして活動していくことになります。

    そして、渡瀬 眞悧と一緒に、かつて高倉家の両親が成し遂げようとした世界を破壊しようとする計画を実行に移そうとするのでした。

     

    高倉 冠葉と渡瀬 眞悧は運命の列車に乗車します。

    しかしそこには世界の破壊を止めるために高倉 晶馬、高倉 陽毬、荻野目 苹果も集結します。

    運命日記が無くなったことによって運命を変えることができないと渡瀬 眞悧は話しますが、荻野目 苹果は自分を犠牲にする代わりに一か八かで呪文を唱えます。

    すると、世界の破壊が阻止されて運命の乗り換えがおこなわれます。

    運命の乗り換えをおこなうことで、高倉 陽毬を助けることができた高倉 冠葉は”本当の光”を見つけたと話すと、高倉 晶馬と共に静かに消えていきました。

    そして、列車には高倉 陽毬、荻野目 苹果だけが残り、別の運命へと乗り換えを無事に成功させたのでした。

    高倉 冠葉(たかくら かんば)と関わりのある人物

    高倉 冠葉と関わりのある人物を紹介していきます。

    高倉 晶馬(たかくら しょうま)

    高倉 冠葉の弟。

    髪が青色で、家事や料理を積極的におこなっています。

    真面目な性格で、兄である高倉 冠葉の女性関係には呆れています。

    荻野目 苹果の運命日記を略奪する作戦ではなかなか行動に移すことができず、臆病な一面もあります。

    また、家族の話になると自分を責めるなど精神的に不安定な部分も感じられます。

    高倉 冠葉とは実の家族ではありません。

    幼少期に飢餓状態の中、高倉 冠葉によって運命の果実を分け与えられたことで家族になりました。

    高倉 陽毬(たかくら ひまり)

    高倉家の長女で高倉 冠葉・高倉 晶馬の妹。

    2人からは溺愛されています。

    明るく元気な性格で、おでこがチャームポイント。

    以前は3人組でアイドルを目指していました。

    難病を患っており、寿命は長くないと余命宣告をされています。

    水族館で一度命が絶たれますが、プリンセス・オブ・ザ・クリスタルという別人格が現れて一命を取り留めます。

    高倉 冠葉と家族でありながらも血は繋がっていません。

    しかし、高倉 冠葉が最も愛している人物です。

    高倉 陽毬のためなら自分の命を犠牲にしてでも助ける覚悟があります。

    夏芽 真砂子(なつめ まさこ)

    高倉 冠葉と同じでピンクドラムを探し求めている女性。

    亡き祖父・左兵衛の跡を継いで大企業である「夏芽ホールディングス」の社長に就任しました。

    弟のマリオを助けるためにピングドラムを探しています。

    高倉 冠葉とは実の双子の妹であり、幼少期に離れ離れになりました。

    そのため、高倉 冠葉を執拗に追いかけます。

    ピングドラムを探しつつも、高倉 冠葉を企鵝の会から救おうと奮闘します。

    オリジナルのスリングショットを使って相手にぶつけることで記憶を消したり、記憶を戻すことが可能です。

    夏芽 真砂子の口癖は「嫌だわ、早く磨(す)り潰さないと」。

    高倉 冠葉同様にペンギンがパートナーとして付いており、名前はエスメラルダ。

    ペンギン1号

    プリンセス・オブ・ザ・クリスタルが登場してから高倉 冠葉のパートナーとして側にいるペンギン。

    他の人からは見えないため、学校に忍び込ませたりすることができます。

    女性に対しても関心があり、スカートを覗いたりするなど高倉 冠葉と性格が似ています。

    夏芽 真砂子のペンギン、エスメラルダに好意を寄せられています。

    高倉 冠葉(たかくら かんば)の魅力

    高倉 冠葉の魅力は”愛する人のために自己犠牲を厭わない一途な気持ち”です。

    高倉 冠葉は妹である高倉 陽毬を心の底から愛しています。

    そのため、高倉 陽毬が一命を取り留めてからは、企鵝の会の構成員として資金を集めたり、裏のルートから情報を集めるなど、家族の目には見えないところで汚れ役を自ら申し出て、自分の命を危険にさらしながらも高倉 陽毬を守ろうとしていました。

    しかし、高倉家の長男であり弟である高倉 晶馬にも余計な心配をかけたくないからという理由で、どんなに大変なことがあっても話すことはありません。

    高倉 冠葉の必死の努力が無ければ、高倉 陽毬が救われることはなかったでしょう。

    自らを犠牲にしてでも愛する人を守りたいという一途な気持ちが非常にかっこいいです。

    高倉 冠葉(たかくら かんば)の名言

    高倉 冠葉の名言をいくつか紹介します。

    「これが 陽毬の運命だったんだ」

    第1話で高倉 陽毬が病院で搬送されて亡くなった時に放ったセリフです。

    激しく落ち込んでいた高倉 晶馬に比べて高倉 冠葉はどこか落ち着いているように見えます。

    最愛の人を亡くしてしまったという事実に、本来であれば高倉 晶馬以上に悲しいはずです。

    しかし、兄という立場上ここで落ち込んではいけないという高倉 晶馬に対する優しさと、現実を受け入れきれない葛藤の2つの感情が垣間見えるのでした。

    「運命の果実を...一緒に食べよう」

    第24話で幼少期に高倉 晶馬に放ったセリフです。

    高倉 冠葉と高倉 晶馬は幼少期に檻の中に閉じ込められており、飢餓状態でした。

    そんな中、高倉 冠葉はりんごが檻にあることに気づきます。

    そして、そのりんごを高倉 晶馬を分け与えたことで2人の運命が大きく変わりだしたのでした。

    これがピングドラムの始まりだったのです。

    「俺は手に入れたよ...本当の光を」

    第24話で放ったセリフです。

    荻野目 苹果が呪文を唱えたことで無事に運命が乗り換えられました。

    その時に高倉 冠葉は高倉 陽毬を抱き抱えて砕け散ります。

    自分を犠牲にしてようやく高倉 陽毬を救うことができた瞬間だったのでした。

    高倉 冠葉(たかくら かんば)の声優・木村昴について

    高倉 冠葉の声優は、ドラえもんのジャイアン役でおなじみの木村昴(きむら すばる)さんです。

    初めて高倉 冠葉の声を聞いた人は、恐らくジャイアンの声を担当している人だとは気づかないはずです。

    木村昴さんはジャイアンの他にも「すばらしきこのせかい The Animation」のビイトや、「東京リベンジャーズ」のパーちんの声優を担当しています。

    2022年に公開される劇場版ではそれぞれのキャラクターの声優を意識しながら観るとさらに面白いかもしれません。

    まとめ

    今回は高倉家の長男・高倉 冠葉について紹介しました。

    愛する人のために全力で運命を変えようとする高倉 冠葉の姿が非常にカッコイイです。

    2022年には劇場版の「Re:cycle of the PENGUINDRUM」が上映されるので、それまでにもう一度本編を見返してみてはいかがでしょうか。


    ライター:カルコレ編集部 shoji suzuki

     

    <参考資料>

    Wiki|輪るピングドラム

    【アニメキャラの魅力】いろいろ秘密がありすぎ!?エロカッコいいモテ男子「高倉冠葉」の魅力『輪るピングドラム』

    輪るピングドラム(ピンドラ)のネタバレ解説・考察まとめ

    キャラ誕生日|輪るピングドラム

     

    アニメ「輪るピングドラム」の関連記事

    今再注目を浴びる人気アニメ「輪るピングドラム」(2011年放送)とは!?あらすじや登場人物、作者について紹介!キーワードは生存戦略⁉

    放送10周年記念プロジェクト始動!アニメ「輪るピングドラム」劇場版制作決定|映画やクラウドファンディングの最新情報

    ▶︎【輪るピングドラム】優しき心で両親の罪を背負う少年・高倉 晶馬(たかくらしょうま)の経歴やプロフィール、名言などをご紹介!

    ▶︎【輪るピングドラム】愛する者を一途に想う兄・高倉 冠葉の経歴やプロフィール、名言などをご紹介!

    【輪るピングドラム】プリンセス・オブ・ザ・クリスタルに変身する高倉 陽毬(ひまり)の経歴やプロフィール、名言などまとめ

    【輪るピングドラム】4匹のペンギンの正体は一体何者⁉︎パートナーとの関係性や特徴について徹底考察!(ネタバレ注意)

    最新のアニメ・コミック情報・新商品情報をTwitterで配信中!

    カルコレ公式Twitterアカウント

    カルコレ公式Twitterでは、カルコレ通信の新着情報、カルコレでの新商品入荷情報など毎日情報発信中です⚡

    ぜひフォローをお願いいたします!