『チェンソーマン』ついにアニメ放送開始! OP/ED曲・挿入歌情報一覧【まとめ】毎週最新情報更新中!

あの人気漫画『チェンソーマン』がTVアニメ化
2022年10月11日(火)より、ついに放送がスタートしました。

独特の世界観と個性豊かなキャラクター、その魅力を存分に感じさせてくれるアニメ画像と声優陣。

さらにアニメを盛り上げるべく起用された、OP/ED曲・挿入歌に注目して見ていきましょう。

 

INDEX

  • 『チェンソーマン』とは
  • 『チェンソーマン』OP/ED主題歌・挿入歌
  • まとめ
  •  

    『チェンソーマン』とは

    作品概要

    『チェンソーマン』は、2019年『週刊少年ジャンプ』1号から連載が開始された、作者・藤本タツキによる日本の漫画です。20212号までに第1部「公安編」が展開されました。

    2022713日より2部「学園編」が『少年ジャンプ+』で連載がスタートし、現在(202210月時点)も連載中。

    2022101124時より、テレビ東京ほかにてアニメ『チェンソーマン』1話がスタートしました。

     

    あらすじ

    悪魔が蔓延る(はびこる)混沌とした世界に生きる主人公の名は、デンジチェンソーの悪魔・ポチタと出会い、デビルハンターを生業(なりわい)としている。

    父親が遺した多額の借金を背負い、デビルハンターをしながらも、生きるために腎臓や片方の眼球など自分の身体も売って生活を送っていた。

    そんなある日、雇い主に裏切られ殺されてしまう。普通の生活を夢見たデンジは、それすらも叶うこと無く人生を終えようとしていた。

    死んだかと思われたデンジだったが、ポチタと契約を結び、悪魔の心臓を持つもの「チェンソーマン」として蘇るデンジの新しい生活がここからスタートする。

     

     

     

    『チェンソーマン』OP/ED主題歌・挿入歌

    ここでは、アニメ『チェンソーマン』に採用されているOP(オープニング)/ED(エンディング)曲と挿入歌についてまとめてみました。

    このアニメは、ED曲と映像が毎回代わるということも大きな話題になっています。

    ED曲に関しては、アーティスト及び曲タイトルの発表はされているものの順番はシークレットとなっていますので、順不同で表記しています。

    ※毎週の放送後、放送・公開された最新情報を追記しています。

    (最終更新日:2022年11月17日)

     

    OP曲 『KICK BACK』| 米津 玄師

    オープニング曲『KICK BACK』を歌う「米津 玄師(よねづ げんし)は徳島県出身で、2009年より「ハチ」名義でニコニコ動画にオリジナル曲を投稿し始めたアーティスト。これら楽曲の配信で、日本のみならず世界からも注目されるようになります。

    2012年に、本名でもある「米津 玄師」名義でアルバム『diorama』をリリース。全曲に渡り、自身によって作詞・作曲・編曲の他にも動画・アートワークまで担当するなど、驚異の才能を発揮しています。

    その後もFoorinの『パプリカ』、菅田 将暉の『まちがいさがし』などの作詞・作曲・プロデュースや、自身が歌うLemon』『馬と鹿』『感電』など、大ヒット曲を連発。

    その米津が、この『チェンソーマン』のために作り上げた、最高のオープニングソング。

    概要

    作詞:米津 玄師

    作曲:米津 玄師

    編曲:米津 玄師・常田 大希(King Gnu / millennium parade)

    レーベル:Sony Music Labels Inc.

     

     

    ED曲 / 第1話 『CHAINSAW BLOOD』❘ Vaundy

    『チェンソーマン』1のエンディングとして起用された『CHAINSAW BLOOD』は、美術系の大学に通う現役大学生でもありマルチアーティストとして活躍する「Vaundy(バウンディ)の楽曲。

    2019年からYouTubeに楽曲の投稿をはじめ、同年9月に投稿された『東京フラッシュ』は、2ヶ月で100万回再生を超える大ヒットとなり、注目度が急上昇。

    その後も『灯火』『Bye by me』『不可幸力』などの楽曲が、ドラマやCMに起用されるなど、サブスク令和時代の象徴的な存在として活躍しています。

    そんなVaundyが、『チェンソーマン』の原作を何度も読み返し、試行錯誤で作り出した『CHAINSAW BLOOD』は、「この作品にふさわしいと思える」と自負する作品に仕上がっています。


    概要

    作詞:Vaundy

    作曲:Vaundy

    編曲:Vaundy

    レーベル:Sony Music Labels Inc.

     

     

    ED曲 / 第2話 『残機』❘ ずっと真夜中でいいのに。

    『チェンソーマン』2話のエンディングは、「ずっと真夜中でいいのに。」の『残機』が起用されました。

    ずっと真夜中でいいのに。は、作詞・作曲・ボーカルの「ACAね」による音楽バンドで、20186月から活動を開始しました。メンバーは特定の形は持たず、特殊な楽器編成で話題になりました。

    映画『約束のネバーランド』の主題歌『正しくなれない』や菅田 将暉・主演映画『キャラクター』の主題歌Character、アニメ映画『雨を告げる漂流団地』の主題歌『消えてしまいそうです』、挿入歌『夏枯れ』など様々な楽曲を発信。

    ACAねの感性により、『チェンソーマン』の世界観を表現したすばらしい楽曲です。


    概要

    作詞:ACA

    作曲:ACA

    編曲:100回嘔吐ZTMY

    レーベル:EMI Records / UNIVERSAL MUSIC

     

     

    挿入歌・ED曲 / 第3話 『刃渡り2億センチ』❘マキシマム ザ ホルモン

    挿入歌・ED曲で起用されている『刃渡り2億センチ』は、1998年に東京都八王子にて結成された日本のロックバンド「マキシマム ザ ホルモン」の楽曲。

    ボーカル・ギターのマキシマムザ亮君、ボーカルのダイスケはん、ベース・コーラスの上ちゃん、ドラムス・ボーカルのナヲの4人のメンバー構成です。

    『ぶっ生き返す』『予襲復讐』などのヒット曲をはじめ、カタチにこだわらないマキシマム ザ ホルモンならではの独自の音楽性で、国内外からの評価も高いものとなっています。

    『チェンソーマン』のファンでもあり、このアニメのために製作された『刃渡り2億センチ』。第3話で視聴することができました。

    概要

    作詞:マキシマムザ亮君

    作曲:マキシマムザ亮君

    レーベル:Warner Music Japan

     

     

    ED曲 / 第4話 『錠剤』❘ TOOBOE

    エンディング曲『錠剤』を歌うのは、音楽クリエーター「john」によるソロプロジェクト名義「TOOBOE(とおぼえ)

    ソロプロジェクトのTOOBOEとしての活動は、20209月から活動を開始し、20224月に『心臓』を配信リリースして、メジャーデビュー。

    『チェンソーマン』でのエンディング曲『錠剤』は、一体どんな仕上がりになっているのでしょうか?YouTube動画が公開されています。

    概要

    作詞:TOOBOE

    作曲:TOOBOE

    編曲:TOOBOE

    レーベル:Sony Music Labels Inc.

     

     

    ED曲 / 第5話 『インザバックルーム』❘ syudou

    エンディング曲『インザバックルーム』は、2012年からインターネット上で活動をはじめ、同年後期にはボカロPとしても活動を始めたsyudou(しゅどう)

    2018年頃からは楽曲提供も開始し、2020年には女性シンガー・Ado(アド)に提供した『うっせぇわ』は爆発的なヒットとなりました。

    2021年には、自身初のオリジナル歌唱曲『へべれけジャンキー』も発表するなど、マルチに活躍中。

    『インザバックルーム』を製作するに当たり「デンジだったらどんな曲を作るかと考えました。」とコメントしました。

    概要

    作詞:syudou

    作曲:syudou

    編曲:syudou

    レーベル:syudou商店




    ED曲 / 第6話 『大脳的なランデブー』❘ Kanaria

    エンディング曲『大脳的なランデブー』を歌うのは、2020年に初音ミクを使用した楽曲『百鬼祭』を当時17歳でYouTubeとニコニコ動画に投稿したことで活動を始めたKanaria(カナリア)です。

    その後も、ボカロPとして『KING』『エンヴィーベイビー』などのヒット曲を配信。

    今回の『大脳的なランデブー』は、自身初歌唱に挑戦とのこと。

     概要

    作詞:Kanaria

    作曲:Kanaria

    編曲:Kanaria

    レーベル:Kanaria

     

     

    ED曲 / 第7話 『ちゅ、多様性。』❘ ano

    エンディング曲『ちゅ、多様性。』を歌うのは「あの」で、2013年から2019年までは女性アイドルグループ「ゆるめるモ!」に在籍し、20209月よりano」名義でソロ音楽活動を開始しました。

    2021年には「I’s」のボーカル・ギターとしてバンド活動も開始、それ以外にも女優やモデルなどマルチに活躍中。今回のエンディング曲『ちゅ、多様性。』では作詞も手掛けています。

    アニメ視聴後のエンディングでこの曲が流れて、思い出し笑いしちゃった人も多かったのではないでしょうか?

    概要

    作詞:あの / 真部 修一

    作曲:真部 修一

    編曲:TAKU INOUE

    レーベル:TOY’S FACTORY



    ED曲 / 第8話 『first desth』❘ TK from 凛として時雨

    エンディング曲『first desth』を歌うのは、TK from 凛として時雨(りんとしてしぐれ)です。TK from 凛として時雨は、ロックバンド「凛として時雨」のフロントマンでありボーカル・ギターを担当するTK」のソロ活動名義です。

    2002年に埼玉県でバンドが結成され、2011年よりTKがソロ活動を開始。「TK from 凛として時雨」としては、アニメ『東京喰種トーキョーグール』のオープニング曲unravelや『東京喰種トーキョーグール:re』のオープニング曲katharsisなどの楽曲を提供。

    アニメ『チェンソーマン』公式HPには「ストーリーと作画から滲み出る血液で僕は永久完全なる臓器を作り上げることが出来ました。」とのコメントがあります。

    概要

    作詞:TK

    作曲:TK

    編曲:TK

    レーベル:Sony Music Labels Inc.

     

     

     

    ED曲 / 第?話 『ファイトソング』❘ Eve

    ンディング曲『ファイトソング』を歌うのは、2009年よりインターネットを中心に活動しているEve(イブ)

    作詞・作曲も手掛けるシンガーソングライターでありながら、ボカロPとしての顔も持っています。人気アニメ『呪術廻戦』のオープニング曲『廻廻奇譚』や劇場アニメ『ジョセと虎と魚たち』のオープニング曲・挿入歌である『蒼のワルツ』『心海』など多数の人気曲を配信しています。

    Eve自身も「僕の思う『チェンソーマン』を書きました、とっておきです。」とコメントしており、期待が膨らみます。

    概要

    作詞:Eve

    作曲:Eve

    編曲:Numa

    レーベル:TOY’S FACTORY



     

    ED曲 / 第?話 『Deep down』❘ Aimer

    2011年に『六等星の夜』でメジャーデビューを果たしたAimer(エメ)が、 エンディング曲『Deep down』を歌います。

    Amer15歳の頃に、歌唱による喉の酷使が原因で突如声が出なくなる不運に見舞われましたが、数年後に現在の独特なハスキーボイスで復活

    デビュー後も『あなたに出会わなければ~夏雪冬花~』『蝶々結び』など、多数のヒット曲をリリース。2021年の年末から放送された『鬼滅の刃 遊郭編』のOP/ED曲『残響散歌』『朝が来る』も彼女の楽曲です。

    彼女のエンディング曲担当回のエピソードを中心に、作品から受けるインスピレーションを膨らませて曲作りをされたそうです。

    概要

    作詞:aimerrhythm

    作曲:永澤 和真

    編曲:玉井 健二・百田 留衣

    レーベル:SACRA MUSIC



     

    ED曲 / 第?話 『大脳的なランデブー』❘ Kanaria

    エンディング曲『大脳的なランデブー』を歌うのは、2020年に初音ミクを使用した楽曲『百鬼祭』を当時17歳でYouTubeとニコニコ動画に投稿したことで活動を始めたKanaria(カナリア)です。

    その後も、ボカロPとして『KING』『エンヴィーベイビー』などのヒット曲を配信。

    今回の『大脳的なランデブー』は、自身初歌唱に挑戦とのこと。『チェンソーマン』の世界観をどのようなカタチで表現し、どのような歌を披露してくれるのか楽しみです。

    概要

    作詞:Kanaria

    作曲:Kanaria

    編曲:Kanaria

    レーベル:Kanaria



     

    ED曲 / 第?話 『バイオレンス』❘ 女王蜂

    エンディング曲『バイオレンス』は、ボーカル・アヴちゃん、ベース・やしちゃん、ドラム・ルリちゃん、ギター・ひばりくんの4人組ロックバンド「女王蜂」の楽曲です。

    2009年に兵庫県神戸市で結成され、2011年にメジャーデビュー。メンバーのプロフィールは未公表になっており、独特の世界観はミステリアスでありパワフル

    この『バイオレンス』を聴けば『きっと「ヴアァイオゥレェェンスッ!!!!!」と叫び出したくなる筈』とコメントされています。楽しみに待ちましょう。

    概要

    作詞:薔薇園 アヴ

    作曲:薔薇園 アヴ

    編曲:女王蜂・塚田 耕司

    レーベル:Sony Music Labels Inc.



     

    ED曲 / 第?話 『DOGLAND』❘ PEOPLE 1

    エンディング曲『DOGLAND』は、2019年に結成され、東京を拠点に活動するポップバンドPEOPLE 1(ピープルワン)

    PEOPLE 1は、ボーカル・ギター・ベース・作詞・作曲担当の音楽家Deu(ドイ)と、ボーカル・ギター担当のIto、ドラムス担当のTakeuchiで編成されています。

    「中毒性がある」「エモい」などとインターネット上で話題を集めています。

    アニメ『チェンソーマン』公式HPで「最高にクールで強引な感じの曲になったかなと思っております」とコメントしています。何話に登場するのでしょうか?楽しみです。

    概要

    作詞:Deu

    作曲:Deu

    編曲:DeuHajimeTaguchi

    レーベル:Pollyanna Records

     

     

    まとめ

    『チェンソーマン』ついにアニメ放送開始!OP/ED曲・挿入歌情報【まとめ】ということで紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

    待望のアニメ化で期待が高まるなか発表された楽曲は、どの曲も『チェンソーマン』の世界観を十二分に感じることができ、より作品の魅力を盛り上げてくれています。

    また今回の「1クール12話のエンディングの映像・楽曲がすべて変わる」という今までに例のない試みは、『チェンソーマン』アニメ化に掛ける制作側の強い思いを感じずにはいられません。

    アニメの本編はもちろんのこと、今後のエンディング曲からも目が離せません。『チェンソーマン』で起用されている楽曲にも注目しながら、作品を楽しんでくださいね。


    ライター:カルコレ編集部 呉東 和虎

    2022年11月30日 情報更新

     

    引用・参考文献
    アニメ『チェンソーマン』公式サイト

     

     

    カルコレ編集部オススメ!「チェンソーマン」のアイテム

     

    「チェンソーマン」関連記事

    【チェンソーマン】天使の悪魔の過去や能力とは?アキとの関係についても解説!
    【チェンソーマン 】レゼの正体は爆弾の悪魔!デンジとの出会いや強さ・能力について解説!
    【チェンソーマン】ポチタの正体はチェンソーの悪魔!かわいい見た目に反した能力や犬の姿をしている理由を解説!
    【アニメ化決定】人気漫画チェンソーマンとは!?あらすじや登場人物、作者について徹底解説!
    「チェンソーマン」の作者・漫画家藤本タツキとは!?過去の経歴や天才と呼ばれる由縁を徹底解説!
    [チェンソーマン]悲劇の主人公・デンジのプロフィールとは?名言や魅力、女性ファンから「かわいい」と言われる性格を考察!
    [チェンソーマン ]マキマは黒幕で実は悪魔だった⁉正体や最強すぎる能力について詳しく紹介!|デンジや早川アキとの関係性も考察
    [チェンソーマン人気キャラクターランキング1位]かわいいパワーのプロフィールや死亡した後に復活できた理由について考察!
    [チェンソーマン]早川アキのプロフィールとは⁉なぜ死亡?銃の悪魔との関係や今後の復活について徹底考察!
    【チェンソーマン 】姫野のプロフィールや能力・名言について紹介!実は生きている?