[ブルーロック]世界一のストライカーに最も近いNO.1プレイヤー糸師 凛(いとし りん)の能力や名言・プロフィール、これまでの経緯をおさらい!

厳選されたブルーロックプロジェクトメンバーの中でも圧倒的な実力を示し、トップの座に君臨する天才ストライカー糸師 凛(いとし りん)。

そんなトッププレイヤーである糸師 凛には世界一のストライカーになる目標の他にどうしても超えたい人物がいるのでした。

そんな糸師 凛の能力やステータス、これまでの過去や名言について紹介していきます。

INDEX

  • 糸師 凛(いとし りん)のプロフィール
  • 糸師 凛(いとし りん)のこれまで
  • 糸師 凛(いとし りん)の魅力
  • 糸師 凛(いとし りん)の名言
  • まとめ
  •  

    糸師 凛(いとしりん)のプロフィール

    本名

    糸師 凛(いとし りん)

    生年月日

    9月9日

    年齢

    16歳

    身長

    不明

    血液型

    不明

    性格

    クールで毒舌。

    チームメイトであっても自分よりも能力がないと判断した場合は、容赦ない言葉で罵倒します。

    逆に、自分が認めた相手にはしっかりと評価する一面も持ち合わせています。

    能力・スキル

    能力やスキルに関して言えばオールパーフェクトに近いです。

    その中でも突出しているスキルは正確無比なシュート力。

    キックオフ直後にセンターラインからシュートを放ちゴールを決めたり、角度の無いコーナーキックから強烈な回転をかけて直接決めるなど、フリーであればどんなところからでもシュートを決めることができます。

    また、主人公である潔 世一(いさぎ よいち)の空間認識能力を持ち合わせており、味方と敵の場所を正確に把握しゴールに繋がりやすいポジションを確保することができます。

    糸師 凛(いとしりん)のこれまで

    糸師 凛には世界からも注目されている兄の糸師 冴(いとし さえ)がいます。

    糸師 冴とは小さい頃から仲良くサッカーをしており、「世界一のストライカー」になることが2人の目標でした。

    しかし、糸師 冴が海外に渡ってから月日が経ったある日、突如糸師 凛の元へと現れ、「世界一のMF」になる夢に切り替えたことを打ち明けます。

    2人で掲げた目標をいきなり変えられたことに納得がいかない糸師 凛でしたが、糸師 冴の圧倒的な力を前に敗北。

    その後、冷酷極まりない言葉をぶつけられ兄弟の仲は決裂しました。

    それ以降、糸師 凛は「世界一のストライカー」という目標と同時に「糸師 冴を倒す」という2つの目標を掲げるのでした。

     

    糸師 凛の初登場は2次選考

    2次選考では、3人1組で試合をおこない、勝利したチームは相手から1人を引き抜いて、メンバーを増やしていくという勝ち抜き形式です。

    糸師 凛はランキング2位の蟻生 十兵衛(ありゅう じゅうべえ)とランキング3位の時光 青志(ときみつ あおし)でチームを組むことに。

    そんな中、試合を申し込んできたのが潔 世一、蜂楽 廻(ばちら めぐる)、凪 誠士郎(なぎ せいしろう)。

    試合が始まると、潔 世一のチームは巧みな連携プレーによってシュートを決められてしまいます。

    しかし、糸師 凛はシュートを決められたにも関わらず、顔色一つ変えません。

    「ぬるすぎて死にそうだぜ」と潔 世一に放つと、キックオフからゴール一直線にシュートを放ちゴールを奪うのでした。

    その後は蟻生 十兵衛、時光 青志も共にシュートを決めて、糸師 凛も角度の無いコーナーキックからシュートを決めるなど圧倒的な力の差を見せつけて圧勝し、蜂楽 廻を引き抜くのでした。

    その数日後、再び潔 世一から再戦を申し込まれます。

    今度は4対4。

    糸師 凛のチームは蟻生 十兵衛、時光 青志に加えて蜂楽 廻。

    一方で潔 世一のチームは、馬狼 照英(ばろう しょうえい)、千切 豹馬(ちぎり ひょうま)、凪 誠士郎です。

    試合が開始されると、華麗なパスワークによって速攻でゴールまで責められてしまい、千切 豹馬に先制点を許してしまいます。

    負けじと糸師 凛のチームも反撃を開始します。

    蜂楽 廻から糸師 凛にボールが渡ると、シュートフェイクを織り交ぜながらディフェンスを交わしていき、「そんなぬるいサッカーじゃ俺の心は踊らない」と、いとも簡単にゴールを決めるのでした。

    このプレーに対して思わず潔 世一は「無数の選択肢を生み出せるモンスター」と称します。

    糸師 凛は潔 世一と同じ空間認識能力も持っているので、意表をついた行動にも瞬時に察知してボールを奪うと、蟻生 十兵衛のヘディングによって逆転。

    しかし、凪 誠士郎の二段式フェイクボレーに引っかかってしまい再び同点。

    このプレーに対して、「俺だって ムカつきゃ熱くなる」と徐々に本気を出して、蜂楽 廻と息の合ったプレーでまた点差を離していきます。

    その後も誰も反応できないほどのスピードで放つピンポイントでの高速フリーキックなどで点差を離そうとしますが、馬狼 照英の覚醒もありなかなか差が開きません。

    時間もわずかになり、いよいよラストプレー。

    蜂楽 廻がボールを持つと、今まで蜂楽 廻の心の中に宿していた”かいぶつ”という存在から卒業したことで荒々しいプレースタイルに変わります。

    そのまま強引にシュートを放ちますが、間一髪のところで潔 世一がブロック。

    宙を舞ったボールは糸師 凛の元へと落ち、ダイレクトシュートを決めて再び勝利を収めるのでした。

    そして、糸師 凛はメンバーに対して「俺が選ぶ 異論は認めない...」と放つと、潔 世一を指名して2次選考を突破するのでした。

    3次選考

    3次選考に進んだ5人は世界選抜のメンバーと5vs5で試合をおこなうことになります。

    開始早々に蜂楽 廻からのパスでゴールを決めますが、さすがは世界。

    その後は、圧倒的な力に屈してしまい、糸師 凛でさえ手も足も出ませんでした。

    最終的には1得点しか決めることが出来ずに大敗してしまいます。

    そして、この試合はU-20日本代表の選考であることが伝えられるのでした。

    U-20日本代表と戦うことになったブルーロックメンバーは、試合で戦うメンバーを決めるために、5人3チームに分かれて試合形式のトライアルをおこなうことが決定します。

    糸師 凛はここでもチームメイトを利用して死角からシュートを放つ「ブラインドシュート」を決めるなど存在感を放ち、U-20ではセンターフォワードに選出されます。

    U-20日本代表戦

    U-20との試合では開始早々に攻め立てますが、相手チームのキャプテンであるオリヴァ・愛空(オリヴァ・あいく)によって次々とパスやシュートを防がれます。

    そしてそのボールは糸師 冴に渡り、角度の無いコーナーからシュートを決められます。

    しかし、ブルーロックチームは攻撃スタイルを変更して再度攻撃を仕掛けます。

    糸師 凛が放ったシュートのこぼれ球を凪 誠士郎が巧みなトラップでボールを足元に寄せてゴールを決めます。

    そして糸師 凛は糸師 冴とのマッチアップ。

    必死に喰らいつく糸師 凛ですが、「俺の弟でいるうちは お前は俺を超えられない」と言われ糸師 冴に軍配が上がります。

    しかし、潔 世一を囮として使いながら果敢に攻めることで、遂に勝ち越しを決めます。

    そして、前半戦はブルーロックチームがリードする形で終了するのでした。

    糸師 凛(いとしりん)の魅力

    糸師 凛の魅力はなんと言っても”サッカーに命を懸けるほどの強い思い”です。

    糸師 凛の実力は決して才能によるものではありません。

    幼い頃から誰よりも練習に励むことで必死に築き上げてきました。

    糸師 凛は努力の天才と言えるでしょう。

    ここまで強くなれたのは、兄である糸師 冴に少しでも近づきたいという思いがあったからです。

    そして、「世界一のストライカーになる」という目標を叶えるために、兄である糸師 冴を始め、誰からも負けたくないという思いがあるからこそ、糸師 凛をここまで強くしました。

    糸師 凛にとってサッカーでの敗北は”死”を意味します。

    サッカーに命を懸けるほどの強い思いがあるからこそ、サッカーに対しては常に本気でどんな相手でも倒すという信念が伺えます。

    糸師 凛(いとしりん)の名言

    糸師 凛の名言をいくつかご紹介していきます。

    「ぬるすぎて死にそうだぜ」

    第45話でゴールを決めた潔 世一に放ったセリフです。

    得点を決めて喜んでいる潔 世一を見て糸師 凛は目標が低すぎると嘲笑します。

    そして、キックオフからシュートを決めるのでした。

    「殺し合いなんだよ 俺にとってサッカーは」

    第45話でキックオフの一撃でゴールを決めた時に放ったセリフです。

    糸師 凛にとって試合というのは”戦場”。

    戦場で敗北することは”死”を意味します。

    糸師 凛はサッカーを殺し合いと捉えているからこそ、他のメンバーと比べて意識の高さやサッカーに対する想いも人一倍強いことが伺えます。

    「俺だって ムカつきゃ熱くなる」

    第76話で凪 誠士郎によってシュートを決められた時に放ったセリフです。

    凪 誠士郎のフェイントに引っかかってしまいゴールを許してしまった悔しさと同時に互角で渡りあえるという嬉しさで糸師 凛の心を熱くさせるのでした。

    「90分後 俺がこの歓声を悲鳴に変えてやる」

    第115話で糸師 冴がゴールを決めたことで、この状況に焦っている潔 世一に放ったセリフです。

    あくまでもこの試合は糸師 冴の引き立て役ではなく、自分たちが糸師 冴を倒してブルーロックの方が強いということを証明するための試合であると遠回しに伝えます。

    いつもは仲間に対しても冷たい言葉で突き放す糸師 凛なりの優しさが垣間見えるシーンでした。

    「俺がお前を超える試合だ」

    第118話で糸師 冴と初めてマッチアップした時に放ったセリフです。

    糸師 凛にとってはこの瞬間を待ちわびていました。

    兄である糸師 冴を超えて、自分が世界一のストライカーになるということを宣戦布告するのでした。

    まとめ

    今回はブルーロックのナンバーワンプレイヤー、糸師 凛について紹介しました。

    現在はU-20との試合も終盤に差し掛かり糸師 冴との兄弟対決はどちらが勝つのか目が離せません!

    今回の記事をキッカケに糸師 凛の魅力をもう一度振り返りたい人は読み返してみてはいかがでしょうか。

     

    ライター:カルコレ編集部 shoji suzuki

     

    <参考資料>

    ピクシブ百科事典|糸師凛

    wiki|ブルーロック

    pocketsblog|ブルーロック最強キャラランキング

     

    📕カルコレ堂書店で「ブルーロック」単行本販売中!

     

    「ブルーロック」関連記事

    ︎▶︎負けたら即終了⁉デスゲーム×サッカー漫画「ブルーロック」のあらすじや魅力を徹底解説!

    ︎▶︎[ブルーロック]アニメ化決定!放送開始日は⁉声優やオープニング主題歌・放送局など最新情報まとめ|今注目のサッカー漫画

    ▶︎[ブルーロック]アニメ化決定を記念してサッカー関連のコラボが実現!全国高校サッカー選手権やFC東京などとタイアップ!

     

    「ブルーロック」の主要キャラクターをチェック!

    ︎▶︎[ブルーロックの主役]適応能力の天才!潔世一(いさぎよいち)とは?能力や名言・プロフィール、これまでの経緯をおさらい!

    ︎▶︎[ブルーロック]最強のトラップ力を誇る凪 誠士郎(なぎ せいしろう)の能力や名言・プロフィール、これまでの経緯をおさらい!

    ︎▶︎[ブルーロック]ぶっちぎりのトップスピードで相手を引き離す千切豹馬(ちぎりひょうま)の能力や名言・プロフィール、これまでの経緯をおさらい!

    ︎▶︎[ブルーロック]”怪物”を宿すテクニシャン蜂楽廻(ばちらめぐる)の能力や名言・プロフィール、これまでの経緯をおさらい!

    ▶︎[ブルーロック]フィジカル・ディフェンスが最強なキャラクター・ランキングベスト5

    ▶︎[ブルーロック]ドリブルやテクニック力が最強なキャラクター・ランキングベスト5

    ▶︎[ブルーロック]爆発的な突破力を誇る孤高の”王様”馬狼 照英(ばろう しょうえい)の能力や名言・プロフィール、これまでの経緯をおさらい!

    ▶︎[ブルーロック]世界一のストライカーに最も近いNO.1プレイヤー糸師 凛(いとし りん)の能力や名言・プロフィール、これまでの経緯をおさらい!

    [ブルーロック]1〜7巻に登場する表紙キャラクターの活躍シーンや簡単なプロフィールを紹介!

    [ブルーロック]8〜15巻に登場する表紙キャラクターの活躍シーンや簡単なプロフィールを紹介!

    最新のアニメ・コミック情報・新商品情報をTwitterで配信中!

    カルコレ公式Twitterアカウント

    カルコレ公式Twitterでは、カルコレ通信の新着情報、カルコレでの新商品入荷情報など毎日情報発信中です⚡

    ぜひフォローをお願いいたします!